Home
  About Us
  About the Region
  Helping Business
  Improving the Visitor Experience
  Marketing
  Research and Statistics
  Investment
  2012 Olympic Games
  Excellence in England
      Tourism Awards
  News and Events
  Links
  Contact Us

    日経平均先物

    NYダウ先物

    MT4のインジケーター

    グランビルの法則

    eワラント

    ナスダック株価指数

    日経平均株価

    MACD

    逆さチャート

    トレンドライン
NYダウ先物チャートを日経平均の予想に役立てる



NYダウ先物の価格を決める市場はアメリカのシカゴで運営されているCME(シカゴ・グローベックス先物取引所)です。 よく日経平均先物の速報や初値が付く前に報道される「日経平均のシカゴ先物清算値」とはこのグローベックスのクローズド値のことです。 個人投資家でも気軽に購入できる株式派生商品であるeワラントなどもこのNYダウ先物のモメンタムの影響を強く受けて価格が変動します。 日本株ADRの価格やナスダックのプレマーケット価格、ドル円やWTI原油先物価格といった指標も個別株の初値予想に影響力を持っています。

ジャスダックやマザーズ指数と日経平均先物の相関性

個人投資家の投資資金が大きく活躍する新興市場に属する銘柄は東証株価平均との相関性が比較的低く、仕手性のある銘柄も散見されます。 日経平均採用銘柄はファンドの換金売りや新規組み入れなどの影響により相場のトレンドに引きずられることが多いのですが、ジャスダックでは億単位の資金を投下する投資家が入れば活気付きます。 証券会社の自己売買部門では規制がかかっているためなかなか大きな資金を投入できないこともありますが、地場証券系の資金がうまく回れば日替わりで比較的大きな相場も形成されます。 どの程度のボラティリティーになるか、あるいはトレンドの転換が訪れるかという株価予想には先物チャートをテクニカル分析することが役立ちます。 テクニカル指標は数多くありますが、自分の投資方針に従って、トレンドフォロー系のシグナルを出す指標や逆張り向きの売買サインを出すインディケーターを選択しましょう。

RSIやROCなどのインジケーターはポジションをつくるときだけでなく、利益確定や損切りのタイミングを図るときにも有用です。 一目均衡表の雲は厚いほど日経平均のチャートで抵抗帯としての機能が強まる傾向があります。




   


酒田罫線や平均足・かぎ足といった日本発の株価分析の手法がかなり注目されています。

  Privacy   |   Accessibility   |   Sitemap   |   How to find us